だ液検査について

なぜ唾液検査をするの?

一見きれいで健康なお口の中にも約500種類、数億もの細菌がいると言われています。その細菌は歯科医院での通常の問診や視診では把握することができません。目に見えないその細菌は「むし歯菌」「歯周病菌」「その他」の3つに大きく分類することができます。

その中で、むし歯菌の代表的な菌はミュータンス菌(きっかけの菌)とラクトバチラス菌(進行させる菌)があります。これらはだ液検査をすることで見つけることができます。

ミュータンス菌

ミュータンス菌

ミュータンス菌とは1歳半~3歳までに感染すると言われている細菌で、何かをすればすぐに減らせることができる細菌ではありませんから、そもそもの活動を抑えることが必要になります。

ラクトバチラス菌

ラクトバチラス菌

ラクトバチラス菌は間食の多い方や詰め物が合っていない方に多いとされます。この細菌はミュータンス菌と違い、間食を減らすことや精度の高い詰め物に変えることで減少することがあります。

歯ブラシをしたり、フッ素を塗布したりして予防をする以前に、本来あるべきむし歯予防とは、自分自身のむし歯のリスク(かかりやすさ)やむし歯になるメカニズムをしっかりと身につけ、歯科医院と二人三脚で歯を悪くする根本的な原因を調べて、個々に合わせたオーラルケアプラン立てることがスタートなのです。

だ液検査でわかること

だ液検査がおすすめの方

当院で使用しているだ液検査キット

デントカルト装置一式

デントカルト

最近多くの歯科医院で使用している簡易な検査キットとは違い、当院で使用する唾液検査キットは、あらゆる年代の方のむし歯リスクとお口の中の環境を調べることができます。

だ液検査の費用と検査結果までの時間

※DRがテキストを入れる